ビジネスインテリジェンスでできるパフォーマンス管理


パフォーマンス管理、と言う言葉を聞いたことは有りますか?最近良く聞くパフォーマンス管理とは何でしょうか?
またそこにビジネスインテリジェンスがどう関係してくるのでしょうか?

1. パフォーマンス管理とは?


ビジネスインテリジェンスツールは、企業活動の「見える化」が出来るツールとして、広く知れ渡っています。企業や部署は、最終的に何らかの実現したい目標を持っています。その目標の達成のためには、何らかの軸で区切ったいくつのプロセスに目標を設定し、そのプロセス一つ一つに実績を測定・監視し、達成・未達成を判断、未達成の場合のボトルネックを把握、対応を施すことで、全体的なパフォーマンスを上げる、という方法が良い方法の一つでしょう。

これは、企業パフォーマンス管理(=CPM, corporate performance management)と呼ばれ、近年注目されている経営管理手法の一つです。そして現場レベルでも同様に、生じている問題を解決しながら、より良いパフォーマンスをあげるべきでしょう。これはBAM(=Business Activity Monitoring)やBPM(=Business Process Management)と呼ばれます。

具体的には、パフォーマンス管理とは

  1. KPIを設定する
  2. 「見える化」によってビジネス活動の実績を表面化させる
  3. KPIによって評価する
  4. 異常や問題を早期に発見して、迅速に対策を取る

のプロセスを繰り返す仕組みです。これは基本的にはPDCAと類似した考え方です。ただ、粒度が経営レベルと業務レベルで異なっています。パフォーマンス管理を行う上での重要なポイントとは、何でしょうか?

 

2. KPIの設定


 

まず何をパフォーマンスの判断基準とするのか、これは極めて重要です。適切でないKPIに対して施策を繰り返し、そして達成できたとしても、企業の業績は上がらないでしょう。まさしく努力が水の泡になってしまいます。では、どのような基準でKPIを選定したらよいのでしょうか?また、ひとことにKPIの選定と言っても、「どの項目か?」「どの目標値にするか?」の2つを決めなければいけません。

項目については業務部やチームごとに課せられているミッションや責任に沿ったKPIにしなければいけません。そもそもそれぞれの部署が作らたのは、なんらかのパフォーマンスを期待されているはずです。このKPIを選ぶ過程も、チームにとってはとても重要なプロセスといえます。なぜならば、属する部署のミッションを意識した働き方が可能になるからです(BIを用いた働き方改革については、こちら)。また、部署のミッションに沿ったKPIにする上で、「KeyFactor For Success」という考え方も重要です。

これは、元コンサルタント、現起業家の大前研一さんという方が提唱された考え方で、要するに「勝つためのポイント」です。幾つかKPIを設定する中で、どの指標が最も部署のミッション達成に影響を及ぼすか、その指標をチーム内で共有することが大切です。

Business Intelligence is very important for setting KPI.

 

3. KPI評価の方法と頻度


どの程度の頻度で上のサイクルを行うか、ですが、一般的には、経営レベルでのサイクルは、業務レベルでのサイクルよりも遅くなりがちです。もちろんどちらも評価可能なデータ量が担保されるのであれば、早ければ早いほど良いでしょう。そして、パフォーマンス管理のうち最も時間がかかるのは、明らかに「見える化」の部分です。この部分にビジネスインテリジェンスを導入することで、パフォーマンス管理のプロセスを劇的に向上させることが出来ます。業務レベルであれば、パフォーマンス管理のサイクルは、最低でも毎日行うべきでしょう。施策のスピードと、評価可能な量のデータが集まるのが更に早いビジネスの場合には、毎日とは言わず、より頻繁に行いましょう。

また、定められたKPIを達成するために、随時課題抽出をしなければいけないでしょう。その際には、セルフサービス型のビジネスインテリジェンスを利用することで、担当者レベルで、ドラッグアンドドロップをするだけで簡単に分析ができ、迅速に課題の抽出ができます(セルフサービス型のビジネスインテリジェンスについては、こちら)。

 

4. 全体最適か部分最適か


チームごとのパフォーマンスが、会社実績向上のための要素と合致しているかどうか、も重要なポイントです。なぜならば、チームごとのパフォーマンスはどの部署も高くても、企業パフォーマンスとしては上がっていない、ということがありえるからです。

これは、「部分最適と全体最適は必ずしも一致しない」という問題です。部分最適とは、ある機能やチームが、その部分だけ最適となることを指し、全体最適とは、ある団体や部品が係わる全体が最適となることをさします。

まさしくこれは、部署ごとの適切な目標設定と、その目標達成のために適切にKPIを設定することを指しています。前者はトップマネジメントの仕事、後者は部署内での仕事です。トップマネジメントの方々、部署レベルの方々ともに、「自分の会社は何をする会社なのか?顧客にどんな幸せをもたらしたいのか?」ということを考え続けて、それを実現するためのツールとしてパフォーマンス管理やビジネスインテリジェンスを利用頂ければ、きっと更に働きがいのある会社になるのではないでしょうか?

52035647 - businessman working dashboard strategy research concept

5. 最後に


ビジネスインテリジェンスツールを利用することで、パフォーマンス管理を導入する企業は続々と増えてきています。大企業からスタートアップまで、データドリブンな経営スタイルはきっと業績向上につながるでしょう。


COMMENTS