ビジネス・インテリジェンスでできる、データドリブン・マーケティング


ビジネス・インテリジェンス(BI)の重要性はどの企業でも周知の事実になってきています。しかし、BIの重要性は理解できていても、膨大なデータを有効に利用できない企業は多いことでしょう。ここでは、BIでできるデータドリブン・マーケティングについて実践例を交えてご紹介していきます。

1. ビジネス・インテリジェンスの重要性


ビジネス・インテリジェンスとは、各企業で持っている膨大なデータを利用して経営戦略やマーケティング戦略に生かすことです。どの企業においても顧客データや、販売管理データなどはしっかり取得はできているはずです。しかし、データを蓄積して終わりでは何の役にも立ちません。企業活動においては、蓄積したデータを有効活用してゆくことが大事なことです。膨大なデータをしっかり蓄積、分析してこそ戦略に役立てられます。そのため、データは蓄積するだけではなく、しっかり分析し戦略を立てて、次のアクションにつなげていかなければいけません。

 

2. データドリブン・マーケティングの方法


BIを使って実現できることのひとつがデータドリブン・マーケティングです。BIを使うことで、各部署が独自で管理しているデータを集約して、分析できる環境を構築できます。すべてのデータを集中管理することにより、各関連部署の担当者がシステム管理者を通すことなく戦略に役立てることが可能になります。

またそのためには、中間でデータを加工することが必要になることもあります。バラバラのデータを関連付けておく必要があるのです。大企業になればなるほどデータソースが増えてしまうため、単一のデータソースだけにフォーカスしていては意味がなく、そのデータを独自に組み合わせて戦略を立てることが必要であり、そのためにBIが重要な役割を担うことになります。このように、データドリブンなマーケティングを行うためには、正確なデータの取得及び各部署間のデータ連携を行い、担当者が分析できるようにデータ加工を行う必要があります。

 

3. ビジネス・インテリジェンスでできるデータドリブン・マーケティングの実践例


では、実際にはどのような部署でどのようにデータドリブン・マーケティングが利用可能なのでしょうか。いくつか例を上げます。

 

3-1.運用管理部門でのデータドリブン・マーケティング

運用管理部門内には、販売データや顧客データなどの情報データベースが集中管理されています。ただし、販売管理部門ではないため、中身のデータは見ることはできない場合が殆どかと思います。

例えば新商品の販売などの際には、販売部門から連絡を受け、サーバー内のリソースマネージメントなどを行う場合が一般的です。こういった場合にビジネス・インテリジェンスツールの利用が可能です。運用管理部門は、例えば新商品の販売情報をいち早く入手し、これまでの販売日のデータを分析することで販売初日のデータマイニングができます。当該部門であれば、webサーバーやアプリケーションサーバーのリソースの増強や、セッション数の上限値の設定も容易に変更ができることでしょう。データをもとに予測を立てることもできますし、運用管理部門で実行までできます。不要なトラブルも回避できることでしょう。

ただし、「運用管理部門で販売データや顧客データが見えてしまっても良いのか」という、情報セキュリティの観点からの懸念事項は、充分に考慮されるべきポイントではあります。

実際にリソースの増強作業などは販売管理部門などでは実施が不可能です。実行までを踏まえるならば、企業内での責任をどこまで持たせるのかを事前に明確にするルールが必要になってきます。新商品の販売を行ってもリソース不足で購入できないことには、ユーザーは諦めてもしまいますし、実質販売は不可能です。企業のガバナンスも同時にクリアすることではじめて、より迅速なデータドリブン・マーケティングが可能になるといえるでしょう。

 

3-2.営業部門でのデータドリブン・マーケティング

営業こそデータ・ドリブンマーケティングによる効果が大きく現れる部分の一つと言えます。実際の顧客はどのような営業活動により担当者と接点を持っているのか、また、契約しているのかなど、すべてのデータはダッシュボードで1箇所で管理されているべきです。傾向を分析することで、より顧客の傾向が深く読み取れるでしょう。この場合には、やはり、データの分析を行うためのテクノロジーが実現に向けての重要なポイントとなります。各企業はデータを取得するだけではなく担当者が利用できるようにデータを加工する必要があるでしょう。各データとデータをつなぎ合わせる作業です。この加工技術が難しい部分ですが、現在では比較的簡単に実現できるツールも販売されています。

 

4. データドリブン・マーケティングを実践してみよう


ビジネス・インテリジェンスで実現できるデータドリブンマーケティングは企業の未来を明るく照らすことでしょう。実践するためには、データを取得すること、データを加工できること、データを分析できること、実行できることです。現状ほぼ全ての企業でデータの蓄積は行えているはずです。そのデータをどのように活用していくのかが大切なポイントです。ぜひビジネス・インテリジェンスを活用してみてはいかがでしょうか。


COMMENTS