AnalyticaとSlackの連携手順


Analticaでは、ダッシュボードにあるチャートをメッセージとともにSlackに通知させることが出来ます。これにより、可能な限り早く、チームメンバーに状況を伝えることができるようになります。ビジネスの状況をいつでもリアルタイムでチームメンバーと共有するのに活用頂ければと思います。Slackへの連携設定は、Analyticaのユーザー権限のうち、AdminとMangerのみが設定できます。Slackへのチャートの通知自体は、全権限で可能です。

 

1. Apps & Integrations の選択


SlackのWebアプリの左ペインにある設定画面から Apps & Integrations を選択します。

 

2. Build


右上のメニューの Build を押します。

 

3.Incoming webhooksの選択


Incoming webhooksを選択します。

 

4.Incoming Webhook integrationの選択


Incoming Webhook integrationをクリックします。

 

5.連携するチャネルの選択


連携するチャネルを選択する画面で、チャネルを選択します。必要に応じて、Analyticaに連携させるチャネルを予め作って頂ければと思います。チャネルを選択したら、「Add incoming WebHooks integration」ボタンをクリックします。

6.Webhook URLの取得


Webhook URLと言うものが表示されますので、こちらをコピーします。

 

7.Analyticaでの設定


Webhook URLがコピーできましたら、設定画面の、Slack連携メニューから、右上の「+」ボタンを押して新規追加を行います。表示名に、メンバー皆が分かる名称を入力し、先ほどコピーしたWebhookのURLを、「WebHook URL」に貼り付けます。貼り付けが完了したら、保存ボタンを押します。これで完了です。

8.Slackへの通知


ダッシュボードの各チャート下部に、以下のようにシェアボタンが表示されますので、クリックします。

以下のようなウィンドウが表示されますので、送信先に先程入力した「表示名」を選択し、メッセージを入力し、シェアボタンを押します。

slackに、チャートとメッセージが通知されるようになります。

是非御利用頂ければと思います。


COMMENTS