Google Analyticsライクなチャート作成、複合チャートなど


「より軽く、よりセキュアに、よりコラボできるクラウド・セルフサービスBIのAnalytica」が、更にパワーアップしました。

1. エクセルでもSQLでも出来ない、Google Analyticsライクなチャート作成が可能に。


この度御要望にお答えして、Analyticaの加工機能で、Google Analyticsのように、データがない日付に0と表示する機能の実現が可能となりました。例えばサービスの新規ユーザー数を日付ごとに取りたい場合、これまでは、クエリを使うと、以下のように表示されていました。

 

今回の機能を用いることで、まるでGoogle Analyticsのようなチャート、つまり新規ユーザー数が存在しない日付については、明示的に「日付と0」のデータを、挿入させ、チャートに表示させることが可能になりました。具体的には以下のように表示されるようになりました。

これは、これまでエクセルでも、SQLと呼ばれるプログラミング言語でも、実現できない機能でした。是非御利用頂ければ幸いです。

 

2. ログイン保持期間が設定でき、よりセキュアに。


ログイン状態になる時間を1時間から24時間まで、設定できるようになりました。これによりよりセキュアな御利用が可能になりました。例えば権限の大きなユーザーには1時間を設定し、小さい権限を持つユーザーには24時間を設定するなど、ユーザー権限に応じた設定ができるようになりました。権限についてはこちら

 

3.複合チャートが追加されました。


Y軸が2軸からなる複合チャートが新しくご利用可能になりました。以下のようなグラフです。

 

日付関数機能とご一緒に御利用頂くことで、常に最新のデータで可視化が可能です。また、チャートはslackで連携することにより、オンラインで、より迅速な議論が可能です。

日付関数機能についてはこちら

slackでの連携方法はこちら

 

4.集計方法に、「重複を数えない個数カウント」機能が追加されました。


集計方法に、「重複を数えない個数カウント」機能が追加されました。一見わかりづらいかもしれませんが、こちらは強力な機能です。ユーザーのログテーブルなど、ログを収集している場合、日付ごとにユーザーの行動をチェックされていることがあるかと思います。しかしこのような場合、「同じユーザーによる行動は、回数にかかわらず、1回とカウントしたい。」という要望を頂いておりました。今回のアップデートで、集計方法に「ユニーク個数」が追加され、可能となりました。是非御利用下さい。

 


COMMENTS