これだけで効果絶大!使えるエクセルショートカット7選


デジタルマーケティングに従事している方をはじめ、分析をされる方にとっては、エクセルは日常業務の一つでしょう。

本記事は以下の様な方におすすめです。

  1. エクセルを使うことが多いので、ショートカットを覚えたい。
  2. でも、いざ覚えようとすると、ものすごい量のショートカットがあり、こんなに覚えられないし、どれから覚えたら良いのかわからない。

今回は、利用頻度の特に高いショートカットを7つ厳選しました。これだけで十分効率は上がります。

※セルのコピーと貼り付けは頻度は高いですが、ご存じの方が多いため、含めておりません。

セルの書式設定: Ctrl + 1


表示形式や、フォント、罫線などを設定するポップアップウィンドウを表示します。シートのデータを入力後、見栄えを良くするために罫線を引いたり、表示形式を数値にして、桁区切りをつけたりと、Ctrl +1はよく使います。非常に頻度が高いので、是非覚えておきましょう。

 

Ctrl + 1

 

Ctrl+1

 セルにフォーカス: F2


セル内の文章や数式を変更したい時に、ダブルクリックをするのは、めんどくさいものです。F2を押せば、フォーカスされます。キーボードとマウスの行ったり来たりを減らすことが出来ますので、変更箇所が多い場合などは、必須でしょう。

F2

データの終わりまで選択: Ctrl + Shift + ↑→↓←


エクセルでの作業では頻繁に

  1. あるエリアのデータを全選択
  2. 左のカラムにデータが入力されてあり、同じ行数だけ、数式をコピーしたい

ということ、あると思います。こんな時、マウスでドラッグすると、随分下の方まで選択してしまう、という経験はないでしょうか?このような場合には、Ctrl + Shift + ↑→↓←が活躍します。

1のように、エリア(ここでは四角形のエリアと仮定します)を全選択したい場合には、まずは、選択したいエリアの左上を選択します。

エリア全選択ステップ1

 

そして、Ctrl + Shift を押しながら、↓を押します。ここで、Ctrl + Shiftはそのままにして、次のステップに移ります。

 

エリア全選択ステップ2

 

最後に、Ctrl + Shift を押したままで、→

 

エリア全選択ステップ3

で全選択されます。後は、deleteなどを押せば、選択されたエリアを全消去出来ます。
同じやり方で、数式のコピーも可能です。

では、1つ1つやっていきましょう。まず、コピーしたい、数式の入ったセルをコピー(Ctrl + C)します。

ctrl_shift_arrow_2-1

 

そして、下のように一つ左のセルに移動します。

一つ右のセルに移動

 

そして、Ctrl + ↓で、下端に移動します。

Ctrl + ↓で下端に移動

 

次に、一つ右のセルに移動します。コピーしたいエリアの下端に到達できたと思います。

一つ右のセルに移動

 

そして、Ctrl + Shift + ↑で、下のように、コピーしたいエリアを選択します。

コピーしたいエリアを選択します。

 

最後に、貼り付け(Ctrl + V)をすると完了です。

貼り付け

という方法で可能です。便利ですね。

列の選択: Ctrl + Space、行の選択: Shift + Space


ある一列を選択したい場合にはCtrl + Space、ある一行を選択した場合には、Shift + Spaceを使います。

え?それだけ?と思われるかもしれません(笑)

これは、一件役に立たないように思えるかもしれません。確かにこれ単体では、何かが出来るわけではありませんが、次の追加、削除と組み合わせることにより、絶大な効果を発揮します。

挿入: Ctrl + Shift + “+”


先程の、列の選択、行の選択と組み合わせて使います。

まず、Ctrl + Spaceで、1列を選択します。

Ctrl + Spaceで一列選択

 

そしてCtrl + Shift + “+”で、列が1列挿入されます。

Ctrl + shift + "+"で列挿入
行の場合も同じように、Shift + Sapceで1行を選択し、

Shift + Spaceで一行を選択

 

そして、同じようにCtrl +Shift + “+”とすると、行が1行挿入されます。

Ctrl + Shift + "+"で一行追加

 

削除: Ctrl + “-“


こちらは追加と同じで、
1列や1行を選択し、
Ctrl + “-“
を行うと、1列や1行が、削除できます。

 

追加と削除については、選択した方法で追加と削除をします。ですので、セルを選択した上で行うと、セルの削除や追加ができます。

その他にも、今回掲載できなかった頻出するショートカットがあります。別のタイミングで、それらを紹介していきたいと思います。


COMMENTS